2014年5月13日、タカラバイオが決算説明会を開き、遺伝子治療などの開発パイプラインの進捗状況について説明した。造血幹細胞移植時の移植片対宿主病(GVHD)を適応とするHSV-TK遺伝子治療プロジェクトは、開発の凍結を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)