米Arkansas医科大学(UAMS)のEkaterina Galanzha氏らは、photoswitchable蛍光たんぱく質(PFPs)を利用して、転移の過程で血液中を循環するがん細胞(CTCs)を追跡する方法を開発した。これにより、がんの遠隔転移を単一細胞レベルで研究できるようになり、転移を阻止する方法の開発にも結び付くと期待される。詳細はChemistry & Biology誌電子版に、2014年5月8日に報告された

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)