医薬品医療機器総合機構(PMDA)の科学委員会における、今後の議論の方向が明らかにされた。同委員会の第2期の開始に当たる4月24日の会合で当面の議題案として挙げられたのは、医薬品・バイオ領域では「プラセボ対照試験について」と「非臨床試験の活用について」、医療機器領域では「数値解析技術の非臨床試験への応用」と「医療機器の小児への適応の評価のあり方(非臨床試験の適用を含む)」、細胞加工製品等領域では「CPC(Cell Processing Center)について」だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)