ライオンは、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)の裏出良博教授と共同で、清酒酵母が“睡眠の質”を高める効果を発揮することを見いだした。ライオンは2014年5月13日に技術説明会を都内で開催し、裏出教授が「睡眠研究の最前線:寝る間も惜しむ日本人へ」、ライオン研究開発本部機能性食品研究所の内山章所長が「“睡眠の質”の向上に着目した研究について」と題した発表を行った。研究成果の詳細は、北海道で開かれる第68回日本栄養・食糧学会大会で5月31日に、徳島市で開かれる日本睡眠学会第39回定期学術集会で2014年7月3日に発表する。ライオンの機能性食品研究所は2014年1月1日に発足した。研究員数は20人ほどだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)