「ものづくり細胞エンジニア10銃士」というシリーズものの第4回の執筆を仰せつかりました。10銃士ということですが、前のお三方の顔ぶれを見ますとこの分野の第一線で大活躍されている若手から中堅の大学の先生方でして、10人に入れていただき、その4番目としてバトンを渡されて、当惑しています。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)