眼科を対象とした遺伝子治療の分野で、企業間の提携や新会社設立の動きが相次いでいる。欧米中心に遺伝子治療全般の開発が活発化しているが、特に眼科領域では遺伝子の導入が他の疾患より比較的容易であり、かつ失明を回避できる場合には患者の生活の質(QOL)を劇的に改善できるといった背景がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)