米Texas大学Health Science Centerの研究者たちは、ブラジルの35歳の男性患者1人から、血流感染を引き起こす新たなメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を分離した。詳細は、NEJM誌2014年4月17日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)