米国立衛生研究所(NIH)の傘下にある国立心肺血液研究所(NHLBI)のMuhammad Mohiuddin氏らは、2014年4月28日、カナダのトロントで開催された米胸部外科学会(AATS)の第94回年次総会で、異種移植の臨床適用への道を開く可能性がある成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)