島津製作所と日本赤十字社医療センター、横浜市立大学は、2014年4月24日、質量分析装置を用いたがんの迅速病理診断システムの臨床研究を開始すると発表した。科学技術振興機構(JST)先端計測分析技術・機器開発プログラムにおいて、2012年度から2014年度を期間として実施している「迅速がん診断支援装置の実用化開発」の一環だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)