日東電工は、2014年4月22日、肝硬変などの臓器線維症の治療に用いるsiRNA治療薬候補のフェーズI試験で健常人に対する投与を完了したと発表した。札幌医科大学の新津洋司郎特任教授と共同で開発を進めているもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)