やっとSTAP細胞騒動以外を議論できます。実は、我が国で急速に事業化が今月から始まったパーソナルゲノムサービス(PGS)ですが、今年2月、中国政府は診断薬の認可を得た遺伝子検査以外を禁止しました。ご存じのように、PGSのパイオニアでは23andMe社も米食品医薬品局(FDA)から出荷停止処分を受けています。日本で本当にPGSを野放しでよいのでしょうか?

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら