アルフレッサファーマは2014年4月18日、都内で性器ヘルペスウイルス感染症に関するメディアセミナーを開催した。早川クリニックの早川潤副院長(写真)が登壇。「性器ヘルペスの実際―臨床と診断」の演題で、性器ヘルペスウイルス感染症の迅速診断法に保険点数が認められたことで誤診が少なくなるなど、臨床上の有用性は高いという見解を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)