米NeuralStem社は、2014年4月16日、米California大学San Diego校医学部の治験審査委員会(IRB)が、慢性期脊髄損傷患者に、脊髄由来神経幹細胞株NSI-566を移植するフェーズI試験の実施を許可したと発表した。米食品医薬品局(FDA)の承認は既に得ている

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)