2014年から開始した機能性食材研究の第4回は、“喫茶”など日本の食生活と関連が深い「茶」を取り上げる。第1回からトマト、大麦、ミカン類とシリーズ記事を続けてきたが、今回初めて、ゲノム解読の成果が発表されていない食材となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)