化学合成農薬や化学肥料を原則として用いず、遺伝子組換え技術も排除する「有機農業」により作られた有機食品(オーガニック食品)は、安全、健康的というイメージが強い。だが、実態はどうなのか? 摂取とがんリスクについての大規模なコホート研究の結果が英国でまとまった。オーガニック食品をよく食べるからといって、がんリスクが下がるわけではない、という結果だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)