理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子研究ユニットリーダーは2014年4月9日、STAP細胞に関する論文の不正疑惑について大阪市内で会見を行った。会見の質疑応答での主なやりとりは以下の通り。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)