理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子研究ユニットリーダーは会見で、多くの関係者に迷惑をかけたことやこれまで何の情報も発信できなかったことについて、お詫びするとともに、実際に研究を行ったことを強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)