パナソニックヘルスケアが、大阪大学や花王と共同開発した内臓脂肪計について、2013年12月に医療機器承認を取得して2014年4月から販売を開始したことが分かった。この内臓脂肪計を活用した「内臓脂肪に着目した健康支援サービス」事業を、花王が4月から開始すると4月7日に発表した。花王は5月21日から24日に岡山市で開催される第87回日本産業衛生学会でこのサービス事業の展示を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)