科学技術振興機構(JST)は2014年4月8日、フィンランドアカデミーとフィンランド技術庁と共同で進める戦略的国際科学技術協力推進事業「日本-フィンランド研究交流」の一環で支援する2014年度新規課題を決定したと発表した。支援対象は「メディカルサイエンス」分野の中の「バイオインフォマティクスを活用したメディカルゲノミクス」。14件の応募の中から次の3件が選ばれた。支援期間は3年間で、支援規模は1課題当たり総額の上限が1500万円だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)