文部科学省は、2014年4月4日、理化学研究所のスーパーコンピューター「京」の後継コンピューターを用いた計算が必要になる研究テーマに関する議論を開始した。「ポスト『京』で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題についての検討委員会」によるものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)