2014年4月2日から6日まで、東京都の東京国際フォーラムと帝国ホテルで開催されている第34回国際眼科学会(WOC2014)の大鹿哲郎学会長(筑波大学医学医療系眼科・教授)は、2014年4月2日、記者会見で同学会の見どころや特徴を説明した。記者会見の時点で参加登録者の数は133カ国から1万8300人、うち日本人は55%で残りは海外からの参加者だという。「国内に1万4000人いる眼科医のうち1万人を集めた、日本の眼科挙げてのイベントとなった」と学会長は話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)