東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻/医学系研究科付属疾患生命工学センター臨床医工学部門の片岡一則教授と東京工業大学資源化学研究所高分子材料部門の西山伸宏教授らは、自己組織化する3層構造高分子ミセルをプラットフォームとした全身投与型光応答性ナノマシンにより、選択的に遺伝子を導入・発現できる技術を開発した。Nature Communications誌で2014年4月2日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)