「STAP細胞の論文は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の丹羽仁史プロジェクトリーダーと山梨大学応用動物科学の若山照彦教授が名を連ねていたので興味を持って読んだ。酸処理という弱い刺激で細胞が多分化能を獲得するというのもあり得るなと思った」――。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)