理研の野依良治理事長らは、2014年4月1日、所内の調査委員会(委員長は理研の石井上席研究員)の最終報告を受けて記者会見し、STAP細胞の論文に関して改ざんとねつ造の2点が認められたことについて、「規定に基づき厳正に対処するとともに必要な再発防止策を検討・実施していく」と明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)