今号のオンライン閲覧ランキング上位は、STAP細胞関連記事にほぼ独占された。それに加えて世間の耳目は、ノバルティスの降圧剤による一連の臨床試験に加えて慢性骨髄性白血病のSIGN試験、武田薬品工業のCASE-J試験など、医師主導試験と製薬企業の関係にも集まっている。ライフサイエンス系の“研究”全般に対する信頼性が問われている構図だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)