2014年3月26日付のBlood誌オンライン版に掲載された論文は、ヒトの体に存在する5つのユニークな血球細胞を研究し、これらの細胞に存在する重要な遺伝子の調整因子の位置をピンポイントで示した。同研究成果は、研究者が、いかに血球細胞が形成されるのかを知る手立てとなる新規ツールを提供し、血液疾患の原因に光を当てるものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)