米Celgene社および米Acceleron Pharma社は2014年3月24日、2本の論文がウェブサイト上に掲載されたと発表した。そのうちの1本である Nature Medicine誌4月号に掲載された論文では、sotatercept(ACE-011)およびACE-536が、マウスを使った実験でエリスロポエチン(EPO)非依存性のメカニズムで、赤血球の形成を促進することを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)