1月30日にNature誌に掲載されたSTAP細胞の論文の著者の1人である山梨大学応用動物科学の若山照彦教授が、第三者研究機関に依頼したSTAP幹細胞の予備解析の結果、当初伝えられていたマウスの系統とは、全く異なる系統の細胞であることが、2014年3月25日までに明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)