多くの疑義が呈され、論文が撤回される方向となったSTAP細胞。2014年3月14日に理化学研究所が中間報告の記者会見を開き、指摘された一部の疑義について調査の現況を公表した。しかし、記者会見で示された生データについて、一部の研究者から「不可解だ」といった声が挙がっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)