米Massachusetts工科大学は2014年3月16日、Chemical Engineering学科のMichael Strano教授が率いる研究チームが、ナノテクノロジーを使いナノ材料で植物を補強することにより、植物のエネルギー生産能を向上させ、また植物に環境汚染物質のモニターなど新しい機能を与えることができたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)