米Neuralstem社は、2014年3月17日、神経幹細胞株NSI-566を筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の頸椎と/または腰椎に移植して安全性と忍容性を評価するオープンラベルのフェーズIが完了、最終データをAnnals of Neurology誌電子版に、2014年3月7日に報告したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)