北海道大学と日立製作所は2014年3月17日、北海道大学で北大病院陽子線治療センター竣工披露式・開所式にかかる記者会見を開催した(写真は右から日立の中村文人放射線治療推進本部長、北海道大学の白土博樹教授、山口佳三総長、日立の川村隆会長、北海道大学病院の濱金清博院長)。同センターは、最先端研究開発支援(FIRST)プログラムで開発された世界初の分子追跡陽子線治療装置が配備された。治療装置の価格は40億円。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)