日本学術会議の大西隆会長は2014年3月19日、STAP細胞問題について、どのような調査をいつまでに実施するかなどのスケジュールを示すことや、STAP細胞が存在しているかどうかの科学的検証、理化学研究所の組織としてのガバナンス体制を検証することなどを求める会長談話を公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)