肝がんの主病因とされるHCV感染者は1億8000万人、HBV感染は3億5000万人とされる。C型肝炎ウイルスのプロテアーゼに直接作用する薬剤と標準療法との併用は高い効果を示した。注射剤のIFNが含まれない経口剤だけの治療法が米国で承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)