日本薬学会は、2014年3月19日、3月27日から30日まで熊本市で開催される第134年会について記者会見を実施した。現場の薬剤師も参加しやすいように、週末にかかるスケジュールだ。事前参加登録数は現在のところ5250人で、2000人以上の当日参加を見込む。1035題の口頭発表と567題のポスター発表、会頭講演、12題の特別講演、20題の受賞講演、59件の一般シンポジウムと3件の大学院生シンポジウムなどが企画されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)