新法成立で実用化促進への期待が高まる中、日本再生医療学会が京都市で開催された。iPS細胞を使った再生医療の臨床研究が本格化し、関連の研究成果が多く報告された。アカデミアだけでなく企業からの参加者も目立ち、立ち見が出る講演も見られた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)