健康な高齢者の中から、将来アルツハイマー病を発症する患者を高精度で判定できるマーカーが同定された。血液中の10のリン脂質を組み合わせたパネルを用いれば、3年以内の認知機能障害を感度、特異度共に90%で予測できるという。3月9日、Nature Medicine誌電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)