フランスSanofi社とベルギーUCB社は、2014年3月11日、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)や関節リウマチなどを含む広範な免疫仲介性の疾患に適用可能な低分子抗炎症薬の発見と開発を目的として、科学的戦略的協力契約を結んだと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)