今回のSTAP細胞を巡る様々な疑義の一つに、小保方さんの博士論文におけるコピペやその写真の流用などの指摘があった。もともとtwitter等のSNSで話題になり、当該部分のみがネットにアップされたりしていたが、正式な博士論文を手に入れるため、各報道機関は国会図書館に行ったり、知り合いの研究者から入手したりといったことをした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)