認知症の疑いのある患者を、ビデオゲームで遊ばせ、その結果を用いて診断を下す。注意欠陥多動性障害(ADHD: Attention deficit hyperactivity disorder)と診断された子供に対し、医師がビデオゲームを処方する。本記事では、そのような技術の実現を目指し、ボストンに拠点を置くベンチャー企業である、Akili Interactive Labs社(以下Akili社)に焦点を当てる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)