スイスF. Hoffmann-La Roche社は3月13日、米食品医薬品局(FDA)の医療機器諮問委員会(Medical Devices Advisory Committee)を構成するパネルの1つ、Microbiology Devices Panelが、子宮頸がんのリスクが高い女性を検出するための1次スクリーニングのツールとして、遺伝子検査キット「cobas HPV(ヒトパピローマウイルス)Test」を推奨することに合意したと発表した。今回の推奨は、FDAがcobas HPV Testの1次スクリーニングの適応を検討する際に考慮される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)