フィンランドのFortum社、UPM社およびValmet社は2014年3月11日、輸送燃料や高価値バイオ液体燃料などリグノセルロースバイオマス由来の先進バイオ燃料を生産する技術を開発するためコンソーシアムを形成したと発表した。このコンソーシアムはバイオオイルを改良する触媒熱分解(catalytic pyrolysis)技術を開発し、これを商業化することを目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)