東京理科大学は2014年3月12日、脳動脈瘤の診断基準を明らかにすることを目的とした東京慈恵会医科大学との共同研究を2013年10月から開始した取り組みについて記者会見を開催した。東京理科大からは工学部第一部機械工学科の山本誠教授と小林宏教授、元祐昌廣講師、慈恵医大からは脳神経外科学講座の村山雄一主任教授と高尾洋之助教の計5人が登壇した。村山教授と高尾助教は米西海岸のUCLAメディカルセンターでも活躍しており、高尾助教は昨日帰国したばかりだった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)