日本農芸化学会の2014年度技術賞は、カルピスの「アミール」、協和発酵バイオのジペプチド、東洋紡と立命館大学生命科学部の今中忠行教授・学部長の超好熱菌由来新規DNAポリメラーゼ、明治のR-1乳酸菌の4件が選ばれた。2014年3月27日から30日まで首都圏で開かれる日本農芸化学会2014年度大会の会期中の2014年3月27日、京王プラザホテル(東京・新宿)で授賞式と受賞講演が行われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)