理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)の笹井芳樹副センター長は2014年3月11日、2013年度上原賞の受賞講演を行い、「細胞社会の協同現象や自己組織化の“創発”の基盤原理に迫っていきたい」と講演を締めくくった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)