理研の笹井CDB副センター長と東大の濡木教授が上原賞を受賞、選考経過は成宮氏が紹介、来賓祝辞は門脇氏

2014年3月11日 19:431pt

河田孝雄

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)の笹井芳樹副センター長と、東京大学大学院理学系研究科の濡木理教授が2014年3月11日、2013年度上原賞を受賞し、それぞれ20分間ずつの受賞講演を上原記念ホール(東京・豊島)で行った。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
効果と安全性、CART療法が抱える問題その1
2位
Wmの憂鬱、アルツハイマー病の予防薬開発元年を迎えた【日経バイオテクONLINE Vol.2508】
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上半期、海外大手製薬の決算―スイスRoche社、スイスNovartis社編
4位
田辺三菱、安全性試験の病理組織学的評価に人工知能活用へ
5位
NIHの日本人研究者、近赤外光で制御性T細胞を排除し癌免疫活性
6位
自治体との連携協定が急増、大塚製薬は47都道府県の過半と締結
7位
Wmの憂鬱、遺伝子治療の価格破壊に挑戦するベンチャー登場【日経バイオテクONLINE Vol.2506】
8位
メドレックス、決算説明会で今後のETOREATの開発方針は示さず
9位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上半期、海外大手製薬の決算―英GSK社、英AZ社編
10位
米InVivo社、生分解性デバイスが外傷性完全脊髄損傷を改善
1位
Wmの憂鬱、遺伝子治療の価格破壊に挑戦するベンチャー登場【日経バイオテクONLINE Vol.2506】
2位
サイフューズ、創業社長が交代
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
4位
PIPAペプチド創薬ベンチャーのピプルス・ファーマが京都で始動
5位
日本と米国のビジネス戦略考、米国の株式市場でバイオ企業の価値はこう決まる!
6位
Broad Institute、ゲノム編集CRISPRの特許抵触審査で声明
7位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上期、海外大手製薬の決算―ドイツBayer社、フランスSanofi社編
8位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上半期、海外大手製薬の決算―英GSK社、英AZ社編
9位
効果と安全性、CART療法が抱える問題その1
10位
カイオム、スイスADC社との本契約は2017年初頭を想定
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―低分子化合物編
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
4位
日経バイオテク8月8日号「特集」、癌クリニカルシーケンス
5位
Wmの憂鬱、抗PD1 抗体と癌免疫細胞治療併用で死亡例、再生医療新法の欠陥【日経バイオテクONLINE Vol.2503】
6位
武田薬品、重点領域から循環器系を外し研究は日米に集約
7位
HCVは消えたけれど
8位
Wmの憂鬱、商品化へ離陸した遺伝子治療【日経バイオテクONLINE Vol.2495】
9位
神戸大の西田特命准教授ら、DNAを切らずに塩基を置換するゲノム編集「Target-AID」をScience誌で発表
10位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編

分野別ランキング

1位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第132回)、橋渡し機能を強化するには、その1
2位
政府のゲノム医療実現推進協議会が、各省から取り組みの報告受けるも「不十分」
3位
阪大の菊地教授ら、GLUT4の細胞内挙動を可視化した成果をNature姉妹誌で発表
4位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第131回)、老化研究がこれからの重点施策になる、その2
5位
NIHの日本人研究者、近赤外光で制御性T細胞を排除し癌免疫活性
6位
京大小栁准教授、「創薬シーズが魔の川を渡れるよう後押ししたい」
7位
神戸大の西田特命准教授ら、DNAを切らずに塩基を置換するゲノム編集「Target-AID」をScience誌で発表
8位
ロート製薬が大阪大に再生医療等製品研究の共同研究講座を設置
9位
味の素がリプロセルとタカラバイオに販売委託した再生医療研究用培地、臨床用培地に比べコスト半減か
10位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第129回)、国内にBSL4施設を
1位
サイフューズ、創業社長が交代
2位
日本と米国のビジネス戦略考、米国の株式市場でバイオ企業の価値はこう決まる!
3位
Broad Institute、ゲノム編集CRISPRの特許抵触審査で声明
4位
カイオム、スイスADC社との本契約は2017年初頭を想定
5位
厚労行政を斬る、臨床研究法を新薬開発に生かすためには
6位
谷本佐理名の“FDAウォッチ”、FDAからサブパートHに基づき迅速承認を得るには?
7位
米Pfizer社、イクスタンジを有する米Medivation社を買収
8位
メドレックス、決算説明会で今後のETOREATの開発方針は示さず
9位
大塚HD、「中期経営計画達成に向けて計画達成率は順調に推移」
10位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第130回)、老化研究がこれからの重点施策になる、その1
1位
自治体との連携協定が急増、大塚製薬は47都道府県の過半と締結
2位
サントリー、機能性表示食品第2弾「移動時のひざ関節の悩み改善」の研究レビュー根拠は製品論文1報
3位
食品科学工学会、8月末の公開シンポで「ゲノム編集」
4位
資生堂、蒟蒻セラミドの機能性表示サプリ「飲む肌ケア」を9月発売
5位
日本製粉、αリノレン酸が豊富なアマニ油の健康食品を8月22日発売
6位
花王生物科学研、グレープフルーツの香り成分ヌートカトンに肥満抑制作用、作用点はAMPK活性化で運動持久力向上も
7位
国際アグリバイオ事業団 アグリバイオ最新情報【2016年7月】
8位
肝機能の改善をうたう初のサプリメントが発売
9位
カゴメ、時間栄養学の成果を食品科学工学会で2題発表
10位
機能性食材研究
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
PIPAペプチド創薬ベンチャーのピプルス・ファーマが京都で始動
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上期、海外大手製薬の決算―ドイツBayer社、フランスSanofi社編
4位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上半期、海外大手製薬の決算―英GSK社、英AZ社編
5位
効果と安全性、CART療法が抱える問題その1
6位
グリーンペプタイド、神奈川県立がんセンターと癌免疫治療薬を共同研究
7位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2016年上半期、海外大手製薬の決算―スイスRoche社、スイスNovartis社編
8位
オンコリス、開発中のHDAC阻害薬の緑内障手術への応用で共同研究
9位
Ann Intern Med誌にTNF-α阻害剤BSの生物学的同等性を検討した論文が掲載
10位
CHAグループ、「自家細胞の核を移植したES細胞の臨床研究開始へ」
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ