理研の笹井CDB副センター長と東大の濡木教授が上原賞を受賞、選考経過は成宮氏が紹介、来賓祝辞は門脇氏

2014年3月11日 19:431pt

河田孝雄

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)の笹井芳樹副センター長と、東京大学大学院理学系研究科の濡木理教授が2014年3月11日、2013年度上原賞を受賞し、それぞれ20分間ずつの受賞講演を上原記念ホール(東京・豊島)で行った。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
HCVは消えたけれど
2位
IBL、組換えカイコによる蛋白質製造のパイロットプラントが稼働へ
3位
メディネットとシミックHDが、再生医療でワンストップサービス提供へ
4位
シスメックス、他家iPS由来RPE細胞移植前の免疫反応検査法開発へ
5位
リプロセルが尿からiPS細胞を作製するサービスを開始
6位
Spark社、Pfizerと共同開発の血友病Bの遺伝子治療が画期的治療薬に
7位
コスモ・バイオ、塩野義製薬からエクソソーム検出用抗体の特許権譲受
8位
DeNA、第一三共、武田薬品がデジタルヘルスのイベント開催
9位
米BIND Therapeutics社の資産はPfizer社が落札
10位
肝機能の改善をうたう初のサプリメントが発売
1位
日経バイオテク7月25日号「特集」、ドラッグリポジショニング
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
3位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討
4位
日経バイオテク7月25日号「キーパーソン インタビュー」、Meiji Seika ファルマ常務執行役員 吉光寺敏泰医薬研究本部長に聞く
5位
日経バイオテク7月25日号「研究室探訪」(第7回)、アルツハイマー病研究の新世紀、狙うは“プレクリニカル期AD”
6位
PMDA、再生医療等製品の品質や臨床試験などでガイダンス公表
7位
日経メディカル7月号より、第3部 高額薬剤問題が医療に与える影響
8位
日経バイオテク7月25日号「バイオイメージング最前線」(第13回)、第三の構造生物手法、クライオ電子顕微鏡
9位
Wmの憂鬱、抗体医薬と抗体BSの開発を革新する福島の奇跡【日経バイオテクONLINE Vol.2487】
10位
HCVは消えたけれど
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
日経バイオテク7月11日号「特集」、次世代シーケンサーの新展開
3位
日経バイオテク7月11日号「パイプライン研究」、炎症性腸疾患治療薬
4位
日経バイオテク7月25日号「特集」、ドラッグリポジショニング
5位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
6位
「ベンチャーでも導出には億単位の投資は必須」とボナックの林社長
7位
日経バイオテク6月27日号「特集」、骨髄由来の高機能な細胞集団が続々
8位
【訂正】日経バイオテク6月13日号「特集」、創薬ベンチャーの導出契約
9位
日経メディカル7月号より、第1部 拡大する画期的新薬の市場
10位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討

分野別ランキング

1位
ジェネティックラボ、cfDNAなどの受託解析サービスを提供へ
2位
メディネットとシミックHDが、再生医療でワンストップサービス提供へ
3位
リプロセルが尿からiPS細胞を作製するサービスを開始
4位
コスモ・バイオ、塩野義製薬からエクソソーム検出用抗体の特許権譲受
5位
東大の濡木教授と阪大の伊川教授ら、精子IZUMO1への結合で重要な卵子JUNOのアミノ酸残基を特定
6位
金沢大華山教授、「エクソソーム研究の進展には基盤整備が重要」
7位
シスメックス、産総研発の糖鎖解析ベンチャーと提携
8位
Johns Hopkins大、「アルツハイマー病発症には少なくとも2段階が必要」
9位
リプロセル、東工大と共同でiPS由来の膵細胞開発目指す
10位
AMED、希少疾患などの患者登録ネットワークを構築へ
1位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討
2位
【新連載】谷本佐理名の“FDAウォッチ”、米Juno社の試験差し止めから解除までが異例の早さだったワケ
3位
特許法改正、発明者へ支払う報酬の決定方法の内容が明確に
4位
文科省が創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業の事後評価と次期事業について議論
5位
ナノキャリアが米BIND Therapeutics社買収に名乗り
6位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第128回)、オープンイノベーションの現状と課題、その2
7位
米BIND Therapeutics社の資産はPfizer社が落札
8位
遺伝子解析を手掛けるジナリスが倒産
9位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第127回)、オープンイノベーションの現状と課題、その1
10位
北海道VC、「ほっかいどう地方創生ファンド」の組み入れ中
1位
聖マリアンナ医大発ベンチャー、ナノエッグが黒ずみ予防化粧品発売
2位
Brookhaven国立研究所、リグニン合成酵素を遺伝子操作し細胞壁構造改変
3位
英Oxitec社の遺伝子組換え蚊でデング熱発症が9割減
4位
肝機能の改善をうたう初のサプリメントが発売
5位
豊田通商、Anellotech社へ事業パートナーとして出資
6位
理研CSRSと阪大、神戸大など、ジャガイモの有毒物質の抑制で萌芽を制御
7位
日本製粉が初の機能性表示食品、コレステロール下げるαリノレン酸「アマニオイル」
8位
カゴメ、2016年度上期の業績予想修正で利益は2倍に
9位
花王生物科学研、グレープフルーツの香り成分ヌートカトンに肥満抑制作用、作用点はAMPK活性化で運動持久力向上も
10位
サントリーの「セサミンEX」が“抗酸化力向上”の機能性表示食品に
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
2位
PMDA、再生医療等製品の品質や臨床試験などでガイダンス公表
3位
HCVは消えたけれど
4位
日本再生医療学会、自由診療の再生医療に対する補償制度を創設
5位
「数年前から技術紹介し、1年ほど前から協議」と高山社長
6位
中外製薬、T細胞のCD3と癌細胞のGPC3架橋する二重特異性抗体の開発開始
7位
DNAチップ研究所が関節リウマチ治療薬の効果を事前に予測するサービスを開始
8位
再生医療推進機構、日本人70%カバーするHLA2座一致の歯髄幹細胞ストックを構築
9位
IBL、組換えカイコによる蛋白質製造のパイロットプラントが稼働へ
10位
デンカ生研、癌治療用ウイルス製剤の製造設備を建設
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ