理研の笹井CDB副センター長と東大の濡木教授が上原賞を受賞、選考経過は成宮氏が紹介、来賓祝辞は門脇氏

2014年3月11日 19:431pt

河田孝雄

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)の笹井芳樹副センター長と、東京大学大学院理学系研究科の濡木理教授が2014年3月11日、2013年度上原賞を受賞し、それぞれ20分間ずつの受賞講演を上原記念ホール(東京・豊島)で行った。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
iPS細胞由来軟骨のカーティライズ、設立から10カ月で解散、創業者同士が対立
2位
第一三共、医科研藤堂教授のウイルス療法G47Δを導入
3位
富士フイルムのバイオ医薬品受託製造の営業を手掛ける三菱商事、「多品種少量生産のニーズが増えている」
4位
癌細胞は体内で進化する
5位
日経バイオテク2月1日号「特集」、2016年度のバイオ関連予算
6位
東北大、遠位型ミオパチーを対象とした医師主導治験のフェーズII/IIIを開始へ
7位
米Ignyta社、ヘッジホッグ/スムーズンド阻害薬のフェーズIを開始
8位
CSLベーリング、血友病の組換え製剤など新規薬剤を続々開発へ
9位
塩野義、ペプチドリームと共同研究開発契約
10位
EMA、ジカウイルス対策でタスクフォースを設置
1位
東北大出澤教授、「Muse細胞が損傷部位に遊走する機序を解明」
2位
日経バイオテク2月1日号「リポート」、2016年バイオ企業番付
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、エーザイ、事業再編加速し中枢と癌に集中
4位
富士フイルムのバイオ医薬品受託製造の営業を手掛ける三菱商事、「多品種少量生産のニーズが増えている」
5位
塩野義、ペプチドリームと共同研究開発契約
6位
癌細胞は体内で進化する
7位
iPS細胞由来軟骨のカーティライズ、設立から10カ月で解散、創業者同士が対立
8位
第一三共、医科研藤堂教授のウイルス療法G47Δを導入
9位
アステラス、国内ベンチャーから網膜色素変性症の遺伝子治療を導入
10位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、武田薬品、糖尿病などの創薬研究を中止するに至った背景とは
1位
日経バイオテク2月1日号「リポート」、2016年バイオ企業番付
2位
日経バイオテク2月1日号「特集」、2016年度のバイオ関連予算
3位
日経バイオテク1月18日号「特集」、2015年の国内バイオ市場
4位
山中所長、「臨床研究か治験かはケース・バイ・ケースで選ぶべき」
5位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、製薬各社、2016年の見どころ―大手編
6位
中外、環状ペプチドなど中分子創薬を「第3の柱」に
7位
協和キリン、核酸医薬と再生医療を新たな創薬の柱に
8位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、武田薬品、糖尿病などの創薬研究を中止するに至った背景とは
9位
タカラバイオ、羽田空港隣接のライフイノベーションセンターにCPC設置へ
10位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、製薬各社、2016年の見どころ―中堅編

分野別ランキング

1位
東北大出澤教授、「Muse細胞が損傷部位に遊走する機序を解明」
2位
Francis Crick Institute、ヒト初期胚にCRISPR/Cas9の遺伝子編集を含む実験を実施へ
3位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第104回)、生命動態システム研究者を育成せよ(その1)
4位
蛋白質の受託製造、樹立したハイブリドーマの権利は誰が持つか?
5位
「製薬業界は『空前のイノベーション』のさなかにある」
6位
阪大発ベンチャーのSmart Primerが簡便・安価なリアルタイムPCR法
7位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第103回)、人工知能の使い方
8位
阪大と遺伝研などが200kbpをノックインできるゲノム編集技術
9位
長崎大、感染症の早期警戒システムを開発
10位
国がんが十二指腸乳頭部癌の大規模ゲノム解読
1位
iPS細胞由来軟骨のカーティライズ、設立から10カ月で解散、創業者同士が対立
2位
協和キリン、核酸医薬と再生医療を新たな創薬の柱に
3位
厚労省、新規BRAF阻害薬やMEK阻害薬の承認を了承
4位
英保健省、臨床研究の推進のため1億1250万ポンドの予算を獲得
5位
EMA、ジカウイルス対策でタスクフォースを設置
6位
日経バイオテク2月2日号「リポート」、2015年バイオ企業番付
7位
島根大発ベンチャー、他家間葉系幹細胞製剤の開発目指す
8位
文科省が創薬支援の後継策を検討、製薬企業や研究機関が意見交換
9位
日東電工、医薬品の事業化で米国に子会社設立
10位
【新連載】厚労行政を斬る(第1回)、化血研事件の教訓は何か
1位
生物研の組換え蛍光シルク、緑に続き青と橙も群馬でカイコ飼育へ
2位
ChemChina社、Syngenta社を430億ドルで買収へ
3位
弘前大、siRNA供与穂木でジャガイモをエピゲノム編集
4位
味の素、日本理化学薬品とシステイン生産合弁を5月設立へ
5位
Massachusetts州立大学Amherst校、植物が土壌中の微生物を認識する蛋白質を解明
6位
サラダコスモ、岐阜県と開発した生鮮機能性表示食品を4月発売
7位
DuPont社とADM社、フルクトースからフランジカルボン酸を生産するプロセスを開発
8位
群馬「カイコ産業の未来」第8回シンポは2週前に定員超過
9位
味の素、ロイシン40%必須アミノ酸が歩行能力を改善
10位
食安委、第1回アクリルアミドWGを2月1日開催
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、エーザイ、事業再編加速し中枢と癌に集中
2位
富士フイルムのバイオ医薬品受託製造の営業を手掛ける三菱商事、「多品種少量生産のニーズが増えている」
3位
塩野義、ペプチドリームと共同研究開発契約
4位
癌細胞は体内で進化する
5位
第一三共、医科研藤堂教授のウイルス療法G47Δを導入
6位
アステラス、国内ベンチャーから網膜色素変性症の遺伝子治療を導入
7位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、武田薬品、糖尿病などの創薬研究を中止するに至った背景とは
8位
日本医大とNCNP、DDSを利用したエクソンスキッピングの治療で日本新薬と共同研究開始へ
9位
中外、環状ペプチドなど中分子創薬を「第3の柱」に
10位
阪大蛋白研発ベンチャーのマトリクソーム、ニッピ、OUVCなどが増資を引き受け
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ