米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、2014年3月11日、医師主導型研究に対する製薬会社の関与についての原則を意見書として発表した。MSDのTony Alvarez社長の、PhRMAの在日執行委員会委員長への就任会見で提示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)