数々の疑念が生じているSTAP細胞の論文について、理化学研究所広報室の加賀屋悟室長は2014年3月11日、文部科学省で急きょ記者会見を開き、「論文の撤回を視野に入れ、調査を進めている」ことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)