Wmの憂鬱号外、最悪の状況に雪崩落ちるSTAP細胞研究【日経バイオテクONLINE 号外】

(2014.03.11 16:20)1pt
宮田満

 STAP細胞樹立のコツを理研が3月5日に発表、正常化に向かうかと思った矢先に、事態が急転いたしました。ここ2日の動きを号外でお知らせいたします。まだ取材継続中ですが、現在の段階ではSTAP細胞論文のファーストオーサーである小保方晴子ユニットリーダーだけに責任を負わせることはできないと判断しています。トカゲのシッポ切りだけでは問題は解決しそうにありません。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の研究体制にもメスを入れなくてはなりません。実はSTAP細胞は、センター長戦略プログラムとして、理研内でも秘密プロジェクトとして研究が進められていました。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧