いったい、いままで製薬企業が使ってきた細胞は、本当に期待通りのものだったのか? 福島のバイオクラスターが粛々とデータを蓄積してきた患者試料の遺伝子発現解析が、今まで創薬で活用してきたいい加減な細胞株やヒト細胞、さらにはヒトの担がん動物の正体を曝きました。まさに眼から鱗です。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら